カークランドロゲインとリアップ、良く比べられるこの2つの発毛促進剤ですが、どちらもミノキシジルを配合した”認められた”は発毛促進剤です。

リアップも今ではミノキシジルを5%配合したX5がありますから、これで世界基準である5%に肩を並べたと言っていいでしょう。

つまり、ミノキシジルの成分や配合量に違いはありません。従って、効果も同じと考えて良いでしょう。


◆キャンペーン再開◆2本ずつ6回に分けて発送!◆12本で7900円◆スポイト付NEWカークランドロゲイン5%(男性用)


ではどこが違うのか?というと、基剤が違います。

リアップの場合、肌の弱い人も考慮したのか、比較的刺激が少ないと言われる「ブリレングリコール」を基剤として使用しています。

対してロゲインは、ブリレングリコールに比べるとかゆみやべたつきが出やすい、どちらかというと使用感が悪いと言われている「プロピレングリコール」を使用しています。

どちらがいいのか?といわれると、個人差や感じ方によって様々なのでどっちもどっちというところでしょうか。
リアップでもかゆみがひどく出る人もいれば、ロゲインで全く問題ない人もいます。

それ以前に、ミノキシジルそのものが頭皮のかゆみやただれといった副作用が出る人もいるため、ミノキシジルそのものが問題になると思います。

また、リアップは国内で薬剤師の説明を受けなければ購入できないというルールがあります。
ロゲインの場合、個人輸入代行という形で格安で海外から通販が可能です。

◆キャンペーン再開◆2本ずつ6回に分けて発送!◆12本で7900円◆スポイト付NEWカークランドロゲイン5%(男性用)


つまり、ミノキシジルに対してアレルギーがなく、なおかつ血圧に問題がない人にとっては、購入するたびに薬剤師の常駐しているお店で買う必要がなく、しかもリアップの10/1の価格で同じ効果を得られる発毛促進剤が購入できるというメリットがあるわけです。